中学生でも消費者金融からお金を借りることは可能?

残念ながらそれはできません。法律でしっかりと定められているからです。お金を借りることができる年齢は20歳からになっており、中学生はキャッシングをすることができません。ただし結婚をしている人は成人として見做されますので、それでも中学生であれば、お金を借りることができないのは一目瞭然でしょう。他をあたるしかありません。

消費者金融から借りることができないとしたら、中学生が最後に頼る人は親ということになります。そうみると意外と合理的なお金を借りる方法であることを知っておきましょう。消費者金融からお金借りたいとなると、必ず利子がつきます。消費者金融であれば、18%の年利が付くことが多く、キャッシングを行っている貸金業者のなかでも高い利息です。この利息と借りたお金の元金を、毎月決められた日に返さなければなりません。文字で読むと簡単そうに見えますが、シビアな世界です。義務教育の中学生には荷が重すぎるお金の借り方となります。

そのようなシビアな世界を感じるには、まだ中学生には早すぎます。素直目的を明かし、返済計画を示したうえで、親に相談することをおすすめします。この計画は、中学生には早すぎものではありません。どちらにしろお金を借りることになったとしたら、その計画こそがとても重要になります。これができない人はお金を借りても、後悔することも多いです。そのようなことがないように、中学生のころから利息もつかない親をシミュレーションしておくと良いでしょう。